森の民、学都ステラ、アイオーン

ヒューレーの民ただひとエリス編
ヒューレーの民

こんにちは、蒼生です。

地道に作りつづけて気づくと学都ステラやアイオーンのMAPができてました。

ステラとアイオーンはまだ外観のみで部屋はまだできていないので明日くらいに全部作ろうと思います。MAPができたらイベント作成……のまえにイーサンのキャラチップと表情差分を作ります。

ヒューレーの民

森の民の集落は最初木の上に家があるという設定が超絶めんどくさそうで、描こうかどうしようか悩んでたんですが、めんどうなので既存チップでやってみたら意外と簡単にできました。素材作らずにすんでよかったです。

あと小説版の森の民はゲーム版でヒューレーの民に改称です。ずっとノテ族だけ名前があるのが正直気にはなってたんですが、名前考えるのがめんどくさくてそのままにしてました。でも先日ナウシカを読んで森の人というのが出てくるので「あ、変えよう…」と思って変えました。細かい部分でも被ってたらぜったい変えるタイプです。(完全にオリジナルじゃないとあとで色々あるからね…)

でもヒューレーの民のヒューレーって森なんで結局森の民です。

名前考えるのが一番めんどくさいです。ただひとの中で唯一適当な部分があるとすればネーミングです。こういうところに性格でますね。

(ヘリオスはずっと主だったし…ディオンにいたっては主友だった…)

ヒューレー関係は他にも名前変えてる部分があります。

EP24のヒューレーの集落襲撃はゲームらしいイベントをかなり盛り込みました。

たおれているヒューレーの戦士を一人でも助けないと、集落に入るたびにエリヤがいても冷遇されます。

さらにエリヤを助けないと途中まではストーリーをすすめられますが、集落に入ったとたんヒューレーの戦士に取り囲まれて報復され強制ゲームオーバーになります。

こういうIF文はゲームじゃないと無理ですね。

小説、漫画、映画でこのIFを表現するとAの場合何ページへ飛べ!みたいになって

「参考書か!」という内容になってしまいます。

ルミエールの時も軽い選択の結果、あとで強制ゲームオーバーになってしまうイベントをつくりましたが、エリヤのところは選択のあともかなりストーリーを進められるのでうっかり選択をミスった結果、その間の努力が全部ぱーになるという辛い仕様です。

ヒューレーの集落についたら倒れている人はとりあえず全員助けてあげればOK。

EP24は色々イベントを作りこむ必要がありましたが、やはり王都編ほど大規模ではないのでかなり楽でした。

 

死の湖

死の湖

 

死の湖はロストの回で島ができるので、それを念頭にどうしようかなと考えて湖広めに作ってます。

あと、このMAPに入ると毒性の強い雨がふってくるのでうろうろしてると死の湖にいるだけでHPが0になってゲームオーバーになってしまいます。

とりあえずアウダスの言う通りに進めばOKです。死の湖対策でアイテムを作ろうと思ってますが………入手場所は、ヒューレーの集落です。(つまりその前のふるまい次第……ということ)

 

学都ステラ

学都ステラ

学都ステラ

学都ステラ

学都ステラはあとあと重要になってくる場所なのでアンフェル編などで拡張できるような作りにしています。(王都のアウダスの豪邸もエリス編では入れません。アンフェル編用です)

全体的に学校みたいな雰囲気を目指してます。立派だけどいけるところが少ない王城と大きく異なるのはデザインよりも使いやすさ重視な点です。

だからMAP的に見るとすごくシンプルです。

 

アイオーン

アイオーン

 

あとはイーサン自慢のアイオーンです。

アイオーンも既存チップでなんとかなりました。素材作りって地味に大変なので出来る限り既存チップでなんとかしたい派です。

これはデフォルトのSFタイルマップを色々組み合わせて作ってます。窓の外の空の画像はずっと動いてるので、なんか飛んでるみたいな映像になってます。

アイオーンの外観とキャラチップだけは用意しないといけないみたいなので

あとで天空要塞と一緒にデザインします。

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。

▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Patreon で継続的に支援する

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル 開発状況等をUP

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ、ただひとプロット版を朗読したものは himalaya(音声コンテンツ)に登録中。

NOTE ブログの過去記事など 

タイトルとURLをコピーしました