知能指数が国によって違うという話、日本で共生できるのか問題

paper boat with map near globe時事
Photo by Monstera Production on Pexels.com

蒼生Kindle書籍一覧 Amazon.co.jp: souseiworks:作品一覧、著者略歴

こんにちは、蒼生です。

最近埼玉県川口市が日本なのに、日本ではないかのような治安状態だと国会質疑で知ってから、よく調べています。ただ川口に住んでいただけの人々が一部外国人の迷惑行為によって平穏に暮らせなくなっているようなのです。なんの過失もないのに、ただ川口に住んでいただけなのに、ひどい目にあって、ろくな救済もないなんて…本当に不憫に思います。

川口市クルド人問題と移民政策
Kindle書籍一覧 Amazon.co.jp: souseiworks:作品一覧、著者略歴こんにちは、蒼生です。この前国会中継を聞いていて驚愕しました。今話題の裏金問題の質疑が多い中、一部地方自治体で外国人、特に不法滞在者による数々の...
クルド人の女子中学生性暴力事件で思う、異文化共生とは
Kindle書籍一覧 Amazon.co.jp: souseiworks:作品一覧、著者略歴こんにちは、蒼生です。3月8日の国際女性デーに非常にショッキングなニュースが報じられました。日本の女子中学生が難民申請中のクルド人2...

それで、クルド人がなぜ平気で様々な違法行為をするのか、教育を軽んじるのか、十年以上も日本に住んでいるのに日本語を話せないのか、等を知り、同じエリア内での共存は相当困難なのではないかと思うようになりました。

両者が問題なく暮らすためには国境というくらい明確に分けられた別空間が必要だと思います。

というか、国境はそうやってそれぞれ全く違う存在同士のアイデンティティや宗教や文化を相互に守り保存するためにあります。それを溶かすと弱い方が強いほうに染まるか変質します。これは歴史上、何度も起こってきたことです。

日本人の平均IQは105以上、世界トップクラスに高い

私は数年前の無敵の人の無差別殺人以来、なぜ犯罪者は犯罪を犯すのだろうという素朴な疑問から色々調べるようになりました。

7人に1人はいる境界知能(IQ70 以上85未満の人々)と社会の対応をどうするか
Kindle書籍一覧 Amazon.co.jp: souseiworks:作品一覧、著者略歴こんにちは、蒼生です。久しぶりに境界知能問題について書こうと思います。というのも、この動画がきっかけです。パックンとホリエモンが真逆の立場で...

日本は世界有数の治安のいい国です。普通の人は生まれてから死ぬまで、逮捕されるような事はありません。また身近にそういう人もいません。

つまり犯罪を犯す人が少なすぎて、犯罪を犯す人達が極めて異常に見えるし、その思考パターンが異質すぎてわからないのです。

ですが、犯罪者の特徴について警視庁のデータやその他で調べていくうちに、境界知能の人達は社会に溶け込む事ができずに犯罪に手を染めやすいという特徴があることがわかりました。

事実、IQ120以上の受刑者は2000年から2004年まで0です。IQ110以上もごくわずかです。(子供のうちにクラシック音楽を好む人はIQ110以上あるというイギリスの調査を昔読んだ事がある。IQが高いと複雑な情報を処理分析する能力が高いから楽しめる。逆にIQが低いと、クラシック音楽のような複雑な曲を聴くとストレスを感じるらしい。知能の差で反応に大きな差がでる。日常でも同じ事が言える)

そして犯罪者が多いのがIQ60~99です。特に境界知能と呼ばれる70~85の数が目立っています。

これは、境界知能の人々は、知的障碍者のような保護・支援も受けられず、平均的知能の人達と同じような生活を強制されることでなじめずストレスを感じ、アウトロー化していくのではないかということだと思います。

日本には境界知能と呼ばれる人たちが14%、1700万人いるとされます。

知能が高いと論理的思考力が高くなります。何をすればどうなるか、すぐに考える事ができます。犯罪を犯すとどんなデメリットが生じるかすぐに予想できるため、ほとんどの人は考えるだけで終わります。カッとなっても普通は人を殺しません。殴りもしません。それが理性であり知性です。

ですが、境界知能と呼ばれる人たちは衝動性が高く、論理的思考力が十分にないため、さまざまな本能や欲望に忠実になって「よく考えず」犯罪を「衝動的に」犯しているという特徴があります。

何かがほしい→窃盗、可愛い女性がいる→強姦、腹が立った→暴行、殺人。といった具合です。

だから、金が欲しいと思ったら、怪しい金儲けの話につられてよく考えずに、一番逮捕リスクの高い詐欺の出し子や、末端犯罪に手を染めたりもします。普通の人なら、論理的に考えて「これはおかしい」とわかることが、彼らにはわからないからです。

そのため境界知能の人々は、犯罪に手を染めやすいのと同時に、犯罪集団に利用されやすい側面があります。

(下の棒グラフを見ればわかるように、犯罪数を減らすためにはIQ100以下をケアしないといけない。逆を言うと日本の治安がいいのは多くの国民のIQが高いからだと言える。全人口の14%に過ぎない境界知能と呼ばれるレンジの犯罪率はかなり高い)

そして、クルド人たちがなぜ川口の地域住民と激しい軋轢を起こしているのか、詳細を知るにつれ…この問題も大きいのではないかと思うようになりました。

一般的に、IQは20違うとコミュニケーションが困難になるといわれています。

平均が日本でいうところの境界知能ということは、その上下の範囲に多くの人が収まっているということになります。

日本の平均がIQ105なので、約20違うのです。だから行政が頭を抱えるほどの問題を彼らは起こし続けているのではないか、何を言っても改善しないし、日本人がその迷惑行為を非難すると、それ自体が理解できずに「差別だ!」と叫ぶのではないかと思われます。

これは日本での境界知能の人達と普通の人達の間ですら問題になっていることです。

民族や文化というバックボーンが違えば余計に違いが大きくなります。

ですが、そもそも日本の知能指数が世界でいうところの異常値なのです。

普通IQ105以上もありません。極東アジアだけです。

イギリスの学者リチャード・リンによる、国別の平均知能指数を色分けした世界地図。↑

https://www.gizmodo.jp/2023/05/countries-with-high-average-iq.html

(このランキングを見ると、台湾人が日本人に親しみを持ってくれるのって、過去の歴史や戦後の良好な関係以外に、似たものどうしだからかもしれないとも思う)

リチャード・リンの世界地図を見ると、日本で生きずらさを感じる境界知能の人達も、日本以外にいけばもっと楽に生きられるのではないかと思いました。よく自分探しをしている人はインドに行くといいといいますがそういう事なのだろうかと思います。(でも性犯罪が多くて問題になっているので女性はやめたほうがいい…)

世界には様々な国と地域があります。

生きやすい場所にいって、自分の居場所を見つけられたらいいと思います。世界には196か国もあるのですから。

日本人は相手にあわせる文化がある

日本人は相手を理解しようとします。そして思いやりをもって合わせようとします。

それ自体が高い知能の証拠でもあり、出雲の国譲りや全国各地の文化や宗教を残し続けてきた歴史でもあります。

何故なら、絶対にわからない相手の感情や思考を推測して、それに合わせているからです。こういう脳内シミュレーションを日本人は「思いやり」として普通に行い、「空気を読む」というテレパシーじみた事をして、未然に摩擦を起こさないようにしています。

でもそれは普通出来ません。

日本にいる境界知能の人達がコミュニケーションで摩擦を起こしてしまうのはこういうところです。

外国の人達が日本人のコミュニケーションを見て超能力のように感じるのは、言葉にできない事は存在しないものとして認識理解しているからです。

外国では通常、主張と主張がぶつかりあい、負けたほうが賠償したり従う文化です。

だから、(高度な脳内シミュレーション結果である)日本の思いやりを「弱腰」ととらえる人々さえいます。(関係を良好にするために、あえて行った脳内シミュレーションの存在が相手にはわからないから)

力の論理で生きている文化圏の人々は、日本人の思いやりをそのように感じてしまうようで、

思いやりをもって接された結果、自分が相手よりも強者だと勘違いして傲岸不遜にふるまい続け、挙句日本人の堪忍袋の緒が切れて激怒され、ようやく過ちに気づくということがあるようなのです。

川口で問題になっているクルド人がまさにそのパターンです。様々な迷惑行為を続けた結果、穏やかだった日本人がついに怒り始めたということで、やっと問題に気づいたようなのです。

日本は共存できる相手を選ばないといけない。文化を残すためにも。

日本には、ドナルド・キーンさんのように、素晴らしい人々をひきつけて離さない魅力があります。日本人以上に日本文化や歴史に造詣のある外国ルーツの帰化された方もたくさんいます。彼らは日本を愛しています。ドナルド・キーンさんは東日本大震災の最も過酷な時期、多くの外国人が日本を急いで離れた絶望の時期に「日本人になる」ことを表明して、日本を励まそうとしてくれました。

日本は日本を愛する人々と共存したい、というのはわがままなのでしょうか?

決して日本を壊すのではなく変えようとするのではなく、日本を憎むのではなく、日本のどこか一部を切り取って独立しようとするのではなく、今の日本と莫大な歴史遺産をそのまま愛してくれる人々を、同じ日本人として受け入れていきたい、彼らと日本を作っていきたいと願うのは、わがままなのでしょうか。

得意の思いやりを発揮して、全く共存の意志のない傍若無人な人々を受け入れねばならないのでしょうか?その結果欧州では深刻な移民犯罪に悩まされています。一方が負担を強いられるのは共存とは言えないのではないかと思います。

日本以外の文化や宗教を入れるのは、決して反対ではありませんが、それを押し付けられるのは反対です。

他国に行って自分たちの異文化を押し付けるのは、マナー違反でやってはいけない事だと、日本人の多くは思っています。

郷に入っては郷に従えという言葉があるくらいです。でもその発想を持っていない人もたくさんいます。自分たちこそ最高だと信じて、異国の地で自分たちの生活を現地の人達に押し付けて摩擦を起こしている人達がいます。

秀吉の時代にやってきた宣教師たち(奴隷貿易や神社仏閣破壊をしていた)もそうでした。高度な文明を持っていたインカ帝国を滅ぼしたスペインの人々もその信念をもっていました。普通文明は衝突します。そして片方が滅ぼされます。でもそれを日本は、神仏融合や明治の近代化のように包摂して日本化してきました。その底力と適応力にはすごいものがあると思います。でも、それは日本人が変わる事でなしえた奇跡です。

入ってきた人々ではないし、よく言われるように、他人は変えられないということを肝に銘じるべきです。

(120をこえる私擬憲法を普通の人達が作ったことからもわかるように、日本人は昔から全体的に知能が高くて向学心があった。だから外来の文明に滅ぼされるのではなく逆に吸収できた)

そもそも、違うということをお互いに尊重して共存するのは非常に難しい事です。お互いに違和感が生じるからです。または違いを認めるというのは脳のメモリーを食うので、処理能力が高い人にとってもシンプルにめんどくさいことです。低いとそもそもできないので他方を敵認定します。だから歴史上多くの事例でわかるように、相手を滅ぼして入れ替わろうとするのです。文明の衝突です。

そうした数々の争いの結果、今の国境があるのだと思います。そこで緊張を伴った線引きをしているのだと思います。

昨年イタリアでアフリカ移民のイスラム教徒によるキリスト教会の襲撃があり、600年前の文化財が破壊されました。なんでわざわざ他宗教の国にいって暴れるのかわかりませんが、事実そういうことがおこっています。受け入れてくれた国に感謝するのではなく、自分にあわせて社会が変われという人達は絶対に入れてはいけないと思います。(発想が侵略者だから。参考

日本は四方を海で囲まれているため、攻め込まれにくく、平和のうちに独自の文化と歴史を紡ぐことができました。でも今は船や飛行機で簡単に入国できます。

日本人は日本という特殊な文化を守るためにも、最低限、違法に滞在する不法滞在者や様々な刑法犯や税滞納者等を送り返すべきだと思います。

なぜなら、日本が日本という文化伝統を守らなければ、この独特な文化は世界から消え去って二度と回復しないからです。

グローバリズムとナショナリズム

グローバリズムとナショナリズムの対立は昔からありますが、イデオロギー問題で終始しがちです。どちらも現実を見ようとしません。私は、世界で起きている移民問題を見て、国境を溶かすような事をしたら混沌だけが広がるのだと再認識しました。

多くの場合戦争をしてようやく決められた共存ラインが国境です

それを事実上なくしたり溶かすような政策は、広い範囲に取返しのつかない害をもたらします。西ローマ帝国は今の欧州のように他民族が無制限に入ってきた事で滅びました。違う集団が共存するためには必ず線引きをしなければならないし、それが最もシンプルな形のナショナリズムだったはずです。第二次世界大戦後、さまざまな違いを無視した世界政府構想とか共通言語といった世界を漂白するような思想がはやった時期がありました。でもそれは間違いなのです。十人十色で全く違うのだから、一つにする方が争いのもとになります。お互いが違いを認めて共存しあうためには世界には最低196か国は必要だったのです。そして違いを認めあうためには、違う人はそれぞれ別々に住む事が必要だし、お互いに違いを相手に押し付けてはいけないのです。それが平和を作る方法だったのです。

でもこの自明の理ともいうべきことが、今は奇妙な理想主義によってないがしろにされているように見えます。例えばサウジアラビアがアメリカにイスラム教を押し付けたら、内政干渉だし戦争に発展しそうな要求ですが、欧米に移住した移民が現地で行っている事はまさにそれです。個々人による内政干渉めいたものは人権の名のもとに悪気なく横行しています。だから深刻な問題が起こっているのです。

私は歴史が好きなので、色々な事を調べるのですが、学べば学ぶほど、日本の唯一無二の文化伝統を壊してはいけない。絶対にこの古代から残る様々なもの(無形遺産含め)を後世に残していきたいと思うようになりました。

と同時に、性犯罪が急上昇してしてしまった北欧や欧米の移民失敗事例を見るにつけ、日本には絶対にこうなってほしくないと強く思うようになりました。深刻な少子化を理由に事実上の移民政策を推進する政府の政策を前に、一国民としてどうすればこの危機を回避できるのかわかりません。そのため、よく調べて考えるようになりました。

(ちなみに最近「なるほど」と思ったのは、急激に治安が悪化したある国の人が「第三世界を輸入したら、第三世界になる」というものでした。でもその解像度をもっと上げる必要があり、それができれば危機を回避できるのではないかと思います)

蒼生Kindle書籍一覧 Amazon.co.jp: souseiworks:作品一覧、著者略歴

ドイツの刑罰対象事件数推移↓参考

タイトルとURLをコピーしました