Speedpaint, dion

ディオンただひとエリス編
ディオン

こんにちは、蒼生です。

ようやく・・・ようやく・・・エリス編の修正が終わりました。

ちゃんと小説形式にしたからエピソード大幅追加で文庫本二冊くらいの文字数になりました。

ここ1週間くらいずっとこれですよ。16万4000文字を一気に修正して、今日の朝ようやくラストまで到達したので、朝か昼か分からない食事をとって、そのあとはその16万4000文字を一気にチェックする作業をしていました。

正直ここ数日ほとんど寝てません。修正を一日でも早く終わらせたくて、寝る間を惜しんでやっていました。

ああ、疲れた。目があかない。やる気とか、疲労で吹っ飛んでるんでもうめんどくさいことは明日全部やります。

でもやり切った・・・。たまにこういう無茶をやります。5日で10万文字生成するとか。

出来上がったエリス編は、あと表紙絵でも作れば小説としてふつうの人にもアピールできると思うので

表紙絵は体力が戻ってからやります・・・。

Speedpaint, dion. How to paint by photoshop. Character making

エリス編はすぐにPDFに変換して、RPG制作のサポートを検討してくれている先生に送りました。

暇なときにでも読んでもらえたらなと思います。とりあえず疲れた。(何度目?)

ところで昨日はただひとのキーパーソンの一人ディオンのイラストメイキングをアップしました。

強さにあこがれている意地っ張りなキャラクターです。

タイトルのただひとという言葉を凡人として多用します。(ただひとには色んな意味がありますが、彼は主に凡人として使います)

そして自分は強くなっていつか、と夢見ているのに自分は凡人だと気づいてしまう。

結局ディオンは、その辛い現実から逃れたくてある方法に手を出してしまいます。

凡人にだけはなりたくないと思っていたのに、肝心の自分は凡人だと知ってしまう、こんな辛い事はありません。自分を否定せざるを得なくなるような大事件です。

しかも悪いことに、親友(主人公)は違うらしいことも分かる。

そんなところからどんどん歪んでいくキャラクターです。

これ、大人だと既に経験済みの人が多いので割と共感してもらえるテーマだと思うのですが、ディオンくらいの年齢(十代後半)だとまだ分からない場合が多いです。

そのくらいの年齢で、

「あ、自分は特別じゃないんだ」

と知ってしまう。

辛すぎる現実。

ただひとはそれぞれのキャラクターが自分の問題を抱えています。

そして悪戦苦闘しながら世界の問題と共に少しずつ変わっていく物語なので

ディオンのようにすごく人間臭いキャラクターも出てきます。(でも最初がこれだからラストが生きてくるんで、ディオンの事も受け止めてあげてください。ていうかこういう人割といるんで)

アンフェル編初稿はすでにアップしてるのでぜひ読んでみてください。

アンフェル編まで読んだら、きっとディオンの事が好きになってもらえる・・・はず。

Speedpaint,Audas. How to paint by photoshop. Character making

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Patreon で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ himalaya(音声コンテンツ)

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました