ただひとオープニング制作中

ただひとエリス編

こんにちは、蒼生です。2020-05-20
今オープニングの音源を作ってもらってるんですが、波形からすでに美しいのでアップします。

見てください! めっちゃ美しくないですか?

これはまだ制作途中なので、続きがあるんですが、それでも導入部分だけでも十分美しいことが分かります。

こういう風に感情をコントロールしていくのかというのが波形を見ると分かります。

音楽は時間の芸術です。古典派音楽等はそれをとてもよく理解していて、形式を活用することで人の感情を上手くコントロールする術を見つけました。

絵や音楽は意識下に対してアプローチするものです。なので、それが反応しやすいように整える必要があります。(ベートーヴェンのモチーフの扱いなどがわかりやすい)

音楽の場合は時間を共有するものなので、時間を厳密に管理して作り上げる必要がありますし、その中の要素も重要です。

音楽は相当理論化されている分野なので、ある程度はパズルみたいなところがあります。なので、AやBという一塊の要素を作ってそれを形式に合わせて並べれば素人でも作れます。

故に才能の有無が物をいうジャンルなのだろうと思います。形式的には間違いない。けれどイマイチになってしまう…。

美しいという感覚

これが芸術一般に必要とされる感覚である事は周知の事実です。でもその実態が分からない。

形式的にはあっているけどイマイチなものを作り出す人もいますし、逆に形式をあえて破壊してでも美しいものを作り出す人もいます。

美しさの直感は、ほとんど非言語的な直感です。音楽も美術もすべての芸術家はそれを無意識下で処理して美しくないものを排除していきます。作品を見れば美しいものが残っているので「ああ、これが答えなのか」と分かります。

答えと非答えの間には微妙な差異があって、それは音楽でいえば一音の違いでしょうし、絵なら若干の彩度の違いだったりします。でも答えは確かにあって、だから数百年前の音楽や絵画を私達は美しいと感じる事ができるのです。

音楽の依頼をしながら、自分は音楽を作ることができないのに、自分の指示は正しいのだろうか。と思う事がままあります。依頼を出す以上指示は必要ですので。

彼らの天性の才能に対して決して阻害しないような、

しかしながら一つの作品へと統合されるべき、一つの美しさの要素として

その完成のためのロードマップのような指示を出せるそんな賢明さと美しさの直感を

発揮できるように願っています。

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。

▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Patreon で継続的に支援する

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル 開発状況等をUP

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ、ただひとプロット版を朗読したものは himalaya(音声コンテンツ)に登録中。

NOTE ブログの過去記事など 

タイトルとURLをコピーしました