ようやくSNSの増やし方が分かった

未分類

こんにちは、SNS嫌いなのにがんばってます。

と、最初から身もふたもないこと言います。

SNS嫌いなんで、ずっとどうやって伸ばせばいいか分からなかったんですよね。

SNSといっても、色々あるんで今回はツイッターに限定して説明します。

やってダメだったことランキング

1位、プレゼント企画

2位、拡散

3位、コンサル

やった順序としては3→2→1の順なのかな?

ココならで「あ、こんなんあるんや」って、ためしに依頼してみました。

3のコンサルに関しては、コンサルしてくれる人の質にもよると思います。

でも結局自分でがんばりましょう、という内容になってしまうのと、その自分でがんばりましょうの内容に関しては

すでにたくさん無料で落ちてるレベル。

なので、やってもやらなくてもいいと思います。

あと、コンサル依頼するときに実際あった話なんですが、自分のアカウントを絶対教えない人っていうのがいました。

依頼人に嫌がらせされるリスクが怖いんだそうです。

???って感じです。笑っちゃいました。(結局問い詰めたら途中で音信不通になったww)

それからフォロワー多くても相互フォロワーで数増やしてる人はあまり意味がないことが分かりました。

フォロー数=フォロワー数の人です。

フォロー数100超えてるともう駄目な気がする。だって100人も見ないでしょ。

コンサルの時にまっさきに勧められたのが、自分からフォローしに行きましょう!でした。(即断った)

相互フォローで稼いだフォロワーはエンゲージメント率が低くなります。お互い興味がないからです。(Twitterの場合は相互フォローになっていないとガンガンフォロー解除していくそうです。これをinstagramでやるとたしかペナルティがあります)

SNSでフォロワー増やしてもそれがエンゲージメント率の低い空フォロワーなら、その増やした努力って意味ないと思うんですよね。

2の拡散については、拡散グループというのがあるそうです。

そういうグループをつくってグループ内で拡散していくサービスです。かんたんに100RTとか200RTとかいくし、それで数千円なんですけど、

これ数字みたらわかるんですが、インプレッション率とRT数はあがっても、エンゲージメント率が全然伸びないんで

本来の宣伝には一切なりません。だから、これも意味ないなってやってみて思いました。

(拡散グループって、そういう情報を拡散するためだけの相互フォローグループ内でやっていくみたいです。つまり誰も情報にアクセスしないんで、無人の部屋の中で音が反響しているような感じ)

最後の1に関しては、デメリットの方が大きいと思います。

昔やってみて、デメリットが大きくてやめたんですけど、コンサルの人にすすめられて再度やりました。

よく公式アカウントがアマゾンギフト券プレゼントとかやってるんで、(スクエニとかも)やっぱこの方法しかないのかな…と。

この企画のデメリットは、粗悪なアカウントが大量にフォローしてくるところです。

プレゼントに応募するためだけにいくつもアカウントを作って応募する懸賞アカウントとか、タイムラインそれしかないような酷いアカウントがたくさん応募してきます。中身が居る場合も、ほんと……むしろ近寄らないほうがいいレベルの人ばかりです。

アマゾンギフト系のプレゼント企画って、純粋に「お金がほしい人」が集まってきます。当然ですよね。

そういう企画だから。

つまり、世の中の負を背負ってる人が磁石のように集まってくるんで、まともなフォロワーが欲しい人とか

ちゃんと自社商品を売ったり、広報をやろうとする人はこの手の悪質なアカウントは集めないほうがいいと思います。

あとで大変になると思います。

(いくら公式や大手がやってるからといっても、真似しないほうがいい事もあります)

小規模にやってみて、このレベルでこれなら…「前澤さん大丈夫かな」とふと心配になったくらいです。

やってみて、コスパがよかったこと

昨日やってみて、なんでこれを最初からやらなかったんだろうと後悔したことがあります。

それはツイッター社の公式の広告機能です。

圧倒的にコスパが良いです。しかも簡単です。

昨日から試しにやってみてるんですが、すでにインプレッションが15000以上、フォロワーも数十人くらい増えてます。

しかも効果があったときだけお金を払う成果報酬制になっているため

まだ1000円くらいしか払ってません。

先に説明した1,2,3のどれよりもコスパが良くて圧倒的に効果があります。

今までSNSってよくわからずにやってたんで、よくわからないまま試行錯誤してました。

SNSは無料でやるものだから、自分でがんばるか、コンサルとか代行をお願いしないといけない…

という変な思い込みもあって、完全に灯台下暗しでした。

公式の広告機能はターゲティングも簡単です。そりゃ、データの蓄積量がすごいんですから、他のどこよりも効果があります。

特定のワードや特定の情報アカウントをターゲットにすればTwitter社がちゃんとそれにあった形で色々やってくれます。

どのくらいの数にリーチできるかも即座に分かります。

これはたぶんFACEBOOKやInstagramでも同じだと思います。

SNSにお金払うなら、本社に払うべきですね。

投稿の質をあげるのも大切ですが、それはやや難易度が高いですし、フォロワーが十分にいない状態でそれをいくらやっても効果がありません。

だってそもそも誰も見ないし、存在に気づくことすらないんですから。

SNSが苦手なら、本社の広告機能を使ってまずリーチを増やすこと。

その次に投稿の質をあげられるよう努力すること、この順序でやった方がいいってやっとわかりました。

だって千円で15000インプレッションもいくんですよ。(ターゲティングとかにもよる)

自分がコンテンツをあーでもない、こーでもないって試行錯誤してるよりよっぽど効率がいいじゃないですか。

SNSもそうだと思うんですが、やっぱり向き不向きがあります。

向いてない人の努力は向いてる人の何十倍もの努力や時間が必要になります。

正攻法は確かに大切です。おそらくインフルエンサーになれるような人は

みんなコンテンツの良さや発信の斬新さ等の正攻法で伸ばしていっています。

でも正攻法でできるほどの素質がなくても、SNSをやらないといけない人がいます。(企業とか)

だったら、それをショートカットする方法を公式が提供してるんですから、それを使ったほうがいいですよね。

こういうの、やってみないと私は分かりませんでした。でもようやく気づきました。

今まで私は無課金でどうやってゲームをクリアしたらいいのかと悪戦苦闘する”無課金勢”でした。

でもゲームだって課金したほうが圧倒的に楽になります。そしてプラットフォームのサービスが良くなります。

それなら普通にプラットフォーマーに課金します。

SNSは無料でやるべき、じゃなくて”無料でも一応できる”。でも、課金したらもっと楽にできる。一つのゲームだと思うようにします。

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Patreon で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ himalaya(音声コンテンツ)

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました