製品版で難易度調節が可能に!

ただひとエリス編

新機能追加の経緯

こんにちは、蒼生です。

昨日システム開発で新たに機能を追加してもらえるよう依頼してきました。

システム自体は完全に出来上がっているので、あとから機能を追加するのは

プログラマーにとっては面倒な作業です。

でも、体験版をプレイしてもらっている中で、どうしても入れないといけないような気がしたのです。

それは、難易度調節機能です。

ただひとエリス編体験版はノーマル一択です。

 

体験版は、自分自身そんなにゲームが得意じゃないので、私ががんばればクリアできるレベルで調節しています。

つまり全体的にEASYだと思っていたので、大体の人はかんたんにクリアできるだろうと思っていたんです。

でも、プレイしてもらっている中でこの難易度は難しいという声がちらほらと出てきました。

最初はノーマルの譜面を簡単にする方向で調整してみたんですが、それでも難しいらしい…。

しかも簡単になればなるほど一長一短です。

かんたんすぎると、逆につまらないと感じる人も出てきます。

アクション要素があるゲームはプレイヤーの腕前がダイレクトに反映されます。

そのため、めちゃくちゃ上手い人といくらやっても上達しない人の両方に分かれてしまうようです。

いくらやっても上達しない人にとっては、難しすぎるシステムというのはただただストレスです。

ゲームはちょうどいい難易度でクリアできるから、楽しいんです。

(私もアクションゲームめっちゃ下手だから、いくら練習しても上達しない部類に入る。とりあえずボタン連打しかしてない)

そのため、リズムアクションが苦手な人でもちゃんとクリアできるようにしようと思います。

そのためにも努力を必要としない状態を作る必要があると判断し、最初の方針(徐々に難しくなっていく)から大きく方向を変えて

自分の腕前にあった難易度をいつでも選べるようにする、というものに変えようと思います。

つまり

EASY、NORMAL、HARDを選べるように新たに機能を追加します。

これやると、作業量めちゃくちゃ増えるんですよ

だから最初の段階では作ってませんでした。

(自分の腕前がEASYだから必要ないだろうと思って…でもこれでも難しいって言われたら作らざるをえない…)

新たに難易度を追加することで努力不要な状態を作りだします。

EASYモードは本当に簡単にできるようにしようと思います。

ただひとのシステムは最大四レーンをずっと目で追って判定ラインにそってキューをリズムよく押すことでクリアできます。

ピアノ弾ける人とか、ブラインドタッチができる人だとめっちゃ簡単なシステムなんですが

そうじゃない人にとっては、けっこう難しいシステムらしいです。(…あとで気づいた)

ETS Emotinal Trinity System 新規開発バトルシステム

ピアノ弾けるとか、ブラインドタッチできる人って、指の先にどのボタンがあるか見なくても分かってるんで

その「確認作業」を飛ばした状態で作業してるんですよね。

それができない人だと、指の先にどのボタンがあるか確認してから押すという作業をするようです。

だからキューの流れる速度に合わせてタイミングよく押すのが難しくなってしまう。

これ、完全に慣れだと思うんですけど…慣れてない状態でもちゃんとクリアできるように

EASYはものすごく簡単にします。

NORMALは体験版くらいの難易度です。

HARDは逆に私が下手なので作れるか微妙なんですが、できるだけ難しくします。これは隠しダンジョンと二周目で使える難易度にします。

 

追加の開発費はマクアケで頂いたご支援の中から拠出します。

開発費、外注費がものすごくかかるので助かります。

ご支援いただくことでゲームがより充実していきますのでご支援をお待ちしています。

 

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Stores  で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ Spotify  Amazon music Applemusic  

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました