不妊治療と遺伝子の保存

考え方

文化的に翻訳される本能

こんにちは、蒼生です。

不妊治療に助成金が出るそうです。厚生労働省

私はこれについては何も感じませんでした。でも、何度か反対意見や疑問を聞くうちに、本当は理解できるのに分かり合えないものがあるのだと気づきました。

よくある反対意見や疑問は

「なぜそこまでして自分の子供が欲しいのか分からない。孤児ではダメなのか」

というものです。もっともです。

完全な正論です。

でも彼らは、社会とか道義とか種というマクロ視点で考えているので、その視点では、多額の治療費も投じてがむしゃらに「自分の子供だけ」を欲しがる人の考えが理解できないはずです。

彼らの目には子供は子供。自分の子供も、可哀そうな境遇の子供も同じに見えているからです。だから「そんなに子供が欲しいなら、不幸な境遇の子供はたくさんいるのだから、そうした子供と養子縁組をすればいい」と提案してしまうのです。

至極まっとうすぎて、だから問題があります。

何が何でも自分と血のつながった子供がほしい人にとっては、

自分の子供と他人の子供は絶対に違う存在です。

だから、そんなこだわりを持つ人々に養子縁組はどうか、という提案はとてもずれているし「危ない」場合すらあります。

彼らの欲求の中心は自分の遺伝子の保存(翻訳:自分の子供がほしい。パートナーの子供がほしい)であって、自分以外の誰か、つまり他人の遺伝子をもった子供を自分の資産や時間をかけて大切に育てたいわけではないからです。

でもこれは、あまりに本能的で身も蓋もない本心なので本人も自覚できておらず

愛とか家族とかいう文化的な言葉でごまかされます。

だからマクロ視点で考えている人達は余計に理解できなくなります。

本当に家族が欲しいなら、愛を与え受ける関係が欲しいなら、なおさら他の人の子供でもいいじゃないか。と考えてしまうからです。

連れ子への虐待は、実子の100倍

野生のライオンが他の群れを襲ったときにまず行う事は、その群れの子供を見つけて殺すことです。ゴリラでも同じことをするそうで、昔見たドキュメンタリーでは大人のゴリラが子供のゴリラをその場で殺してたんぱく源にしている様子がありました。

これは本能的な事のようで、人間社会でも権力者はどこの国でもハーレムを作ってより多く自分の子供(遺伝子)を残そうとします。他の男にそのような事をさせないための宦官のようなものも生まれます。または女性の婚外性交を死刑とする法もありました。(一部まだある)

いじわるな継母にいじめられる童話もたくさんあるので、多くの人が経験したり理解できる「あるある話」だったんだろうと思います。

 

人間には道徳や倫理という文化的なものがあるので、この物語を受け入れている人は自他の子供を差別するのは良くない事だ。同じように愛すべきだと考えるはずです。

でも道徳や倫理は、本能を制御できるレベルの一定量の教育が必要です。

連れ子(前の配偶者との間に生まれた子供)への虐待(怪我をしたり殺される)は、両親が実の親である場合に比べて40倍から100倍高くなるそうです。(カナダ・アメリカでの調査。マーティン・デイリーとマーゴ・ウィルソンによる)

日本でも凄惨な虐待事件が報道されたりします。再婚相手や同居していた男によって幼い子供が殺されたという話を聞くと、

私にはライオンとかゴリラが本能的に行っていたことを人間でも同じように行っているように見えます。(倫理教育にもし必要性があるのなら、それは高度に文化的になってしまった社会にある程度適応させて野性性を捨てさせるため)

だから何が何でも自分の子供が欲しい人に、不幸な境遇の子供を育てたらどうか?という提案を聞くたびに「それだけはダメだろう」と思ってしまいます。

彼らは自分の子供が欲しいのであって、それ以外は要りません。

人間社会では、殺人は基本犯罪なのでほとんどの場合は殺さず、何らかの虐待になります。

虐待は構造的な問題なので、そういう条件を満たすような状態を避ける必要があります。

(虐待は、理性の未発達な強者・大人と、肉体的知的経済的弱者である子供が、閉鎖空間で同居し、他の目が入らない事によって起こります。この間には明白な力の格差があるので、様々な暴力が誘発されやすい状態です。将来的にはアレクサみたいなAIで監視したりスマートウォッチで子供のストレスレベルを計測することで解消できるんじゃないかと思ってます)

道徳的に感情的に、家族がほしい。子供が欲しい。という理由なら、

他の人の子どもでもいいのは確かです。

孤児の方が、養い親に感謝して老いてから大切にしてくれたり、互いに強い絆でむすばれる可能性もあります。

でもこれはたぶん理性的な回答なのです。

本能的な回答は別にあって、だから分かり合えないのかもしれません。

そのため、自分の子供だけが欲しい人に、他人の子供を愛せとか、

養子縁組すればいい、といった提案はやめたほうがいいように思います。

彼らは「自分の遺伝子をもった子供」が欲しいのであって、「他人の遺伝子を持った子供」は欲しくないし、しろ要らない」からです。

ハードルが高く何度も決断を求められる養子縁組ではその「自身が下した決断」への一貫性が働く。(十分に理解し受け入れる態勢ができている)同居相手等の女性との恋愛関係から始まる事が多い連れ子問題ではその決断が少ないか弱かったのではないかと思う。(心理的にも受け入れができていない)だから同じくらいの決意の強度と回数があれば、上手くいくのではないかと思う。

公費を投じての不妊治療の是非

一定の人々が、「自分の子供しか」愛せないのは確からしく

彼らが欲しいのは自分の遺伝子を持った子供である以上、不妊治療に多額の投資をしてまで自分の子供を欲しがるのは自然の流れです。

これに公費を投じるのはいかがなものか、という意見があるのは分かります。

自他の子供を区別しない人々にとってそれは、非合理的で意味の分からないわがままに見えるからです。

でも彼らはどうがんばっても自分の子供しか愛せない人達です。愛するとは決意することなので、彼らは自分の子供以外に決意することができないのです。

(関係ないけどスパルタではこれは最も恥ずかしい感情らしく、スパルタって色んな面で反本能的な社会だったんだなって思いました)

だからこれを割り切って、彼らへの投資ではなく社会への投資と考えてみればいいのではないかと思います。

日本は少子高齢化が進むので、とにかく人口を増やす必要がある、というのは万人が納得できる点です。だから子供が欲しいと積極的に考える上記のような人々に投資するのは、悪くない気がします。

彼らは他人の子供は欲しくないけれど、自分の子供であればたぶん大切に育てるからです。大変な不妊治療の末にできた子供であれば、育児放棄も虐待もしないでしょう。そして、その子供が育てば、新たな納税者になるので、日本全体としては悪くない投資先だと思います。

一方、不幸な境遇にある子供への投資をもっと行ってもいいと思います。

子供を産むのは簡単で、意に添わぬ子供を持つ人も多くいます。(そして捨てられたり、虐待されたりします)

子供は産むよりも育てる方が大変だし、お金がかかります。(しかも教育に投じられた額で子供の年収も変わるとされています)

子供は社会のものというような考え方で、そこにより公費を投じ家庭よりは社会で子供の面倒を見るほうが、考え方として維持しやすい気がします。

他人の家と自分の家

日本では国際的にその義務があるのにも関わらず(国際人権A規約)

他人の家の子供に自分が教育費を払うことになる政策への反対率が高いようです。

特に高齢の方と話したときの毛嫌いする感覚には驚きました。

他人の子供と自分の子供という区別がとてもはっきりしていて、子供をその家の財産のように考えているからかもしれません。

子供を個々の家のもの(その家の財産的な位置づけ)と考えると他人の家の教育費を無関係な自分たちが払う(税金の投入)のは馬鹿らしくなりますが、彼らを社会の構成員として考えればそれは必要なことだと思えるのではないでしょうか。

社会というのは個々人の集まりですから、お金・意識・時間などの資源が家庭という小さな集団よりもはるかに潤沢にあります。

実の親が子供を育てられなくなっても、社会の中の全ての人が全く育てられないという事はありません。家庭で育てるよりも、社会で育てる方が一人あたりの負担も少なくなります。

そしてその子供は家庭内で育てられるよりも社会連帯意識を持つでしょうし、その子供が大人になったときの納税のリターンは社会全体が得ます。

(他の家の子供に教育費を払うのに反対する高齢者には、あなたの年金は彼らによって将来払われるということを思い出してほしい)

日本では長く「家」が中心だったので、まだ一部それへの強いこだわりがあったり、自分の子供、他人の子供という区別がかなり強くあるようですが(彼らは他人の家の子供にお金を投じたら損してしまうという感覚を持っているらしい。逆なんだけど)

税金を徴収してそれを広く分配する今の社会制度のもとでは、社会全体で責任をとる方が適正ではないかと思います。

(損をすると思っている人達は世界観を20世紀前半から21世紀にアップデートしたほうがいい)

子供は親を選べません。

でも殺されなければ育ちます。

健全に育てば、次の社会を構成する一員になります。

彼らによって将来が作られるのならそこに税金を投入するのは良い事だと思います。

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Stores  で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ Spotify  Amazon music Applemusic  

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました