時事問題と換金の話

日記

こんにちは、蒼生です。

今日はこの記事について話そうと思います。

新型コロナで、女性たちが望まぬセックスワークに追い込まれている【イギリス・調査】
「誰かお願いします。すごく困っています」。食事や光熱費がつきた女性たちが、生きるために体を売らなければならなくなっていることが調査から明らかになっています

ものすごくセンシティブな話です。

読んだ後、昔のことを色々思い出しました。

女性はどこの国でも社会的立場が弱いらしく、失業しやすかったり家庭内でDVを受けたりするそうです。

コロナの初期の頃にも自粛期間の延長によって、女性の立場が危機的なものになる可能性が高いと国際機関が警告を発していました。

日本の女性の自殺者は韓国に次いで二位だそうです。

日本でも女性の自殺率が驚異的に伸びていますが、これは飲食やサービスが壊滅的打撃を受けていることと、そこで働いていた多くの人がパートで、しかも女性の割合が高く、解雇の煽りを受けていることと無関係な数字ではないようです。(通常は女性の自殺率より男性の自殺率の方が高い)

男尊女卑の風潮が賃金や就職や家庭内の責任等様々な部分に出て、最終的に女性に過度の負担を負わせることでバランスしているせいかもしれません。

日本の10月の自殺者、年間の新型コロナ死者上回る 女性の増加顕著
政府の統計によると、日本では10月の国内の自殺者数が年初来の新型コロナの死者数を上回った。警察庁が発表した同月の自殺者は2153人と前月から急増。一方、厚生労働省がまとめる日本の新型コロナ死者の合計は、11月27日時点で2087人となっている。

自尊心を守ることの大切さ

今はコロナですが、将来慢性的にこういう状態になるんじゃないかと思っています。参照

お金がないというのは辛いとかいう感情的なものではなく、生死に直結する問題だと思っています。

だからセーフティネットがあります。

 

お金がないと自由がない。権利もない。

この事を、私は子供時代に思い知らされたので、お金を稼ぐことには昔からとても執着があります。それができないなら死ぬしかないと思っていました。だから私の場合は絵で小銭をかせいでました。

しかし私は稼ぐことと同程度に、とても自尊心を重んじるタイプなので稼ぎ方はそれと同じくらい重要だと思っています。

女で自尊心が高いとそれだけで悪く言う人もいますが、自尊心は必ず必要なものです。

女は従順で愛嬌がある方がいいとか、女は男の三歩後ろを歩けとかいうシーラカンスみたいな価値観は無視すべきです。

何故なら、自尊心が低くなったり、傷つけられるような事をすると、そもそも生きる事すら難しくなるからです。積極的な行動や選択もできなくなります。

生きる事は常にチャレンジです。そしてそれを担保するのが自尊心です。それがないと人生がどれほどハードモードになるかは容易に想像がつきます。

自分を守れるのは自分しかいません。それを傷つけるような価値観や意見は一ミリも受け入れてはいけません。たとえ文化や伝統であってもです。

 

自尊心を傷つけるのは「望まない行動を選択する」または「望まない行動の結果報酬を得るなどの行為」です。

何がこれに該当するかは人によって違います。だから自分は何を望まないのか自分で自分のことを

しっかりと確認しなければなりません。

何をお金に換金するか

20歳になったときに、興味本位でキャバクラに一日だけ体験入店したことがあります。そこにいる女性と実際に話してみたかったからです。

私と同じくらいの年の大学生がいました。学費を払うために働いていると教えてくれました。とてもまじめそうな人でした。

他にも色んな事情の人がいて、客の前だけ明るくふるまって、終わるとテンションが一気に下がる人もいました。すごい、プロだなーと思いました。

おかげで色んな人の話を聞くことができました。

数時間で一万近く稼ぐことができたので、その時はじめて、若さと外見はお金に換金できるらしいことを知って驚きました。もっとも私は人嫌いなのでだからと言って続けて勤務しようとは思わなかったのですが、店のオーナーはその素直な返答を認めてくれました。

店がタクシーを用意してくれて、それで家に帰ることになったとき、かなりの老齢の男性が運転していました。私はその人からも色んな話を聞きたくて、ずっと質問していました。

本当に色々な事情の女性が働いているらしいことを聞きました。そしてその人自身も生活のために深夜まで運転しているらしいことを教えてくれました。

昔の私なら、レ・ミゼラブルのファンテーヌみたいな話を聞いてどうすればいいか分からないまま

同情を寄せる事しかできませんでした。

ですが、今ならこう思います。

知識があれば彼女たちのうち、望まずに働いている人はその仕事をしなくても良くなるのではないかと。

雇われるのをやめて、お金を自分で稼ぐ方法を知れば彼女たちはきっと自尊心を保ったまま

お金を稼ぐことができたんじゃないか、とそう思います。(有名な芸人さんが、コロナでもうちょっとすると、かわいい子がハフィントンの記事の仕事に入ってくるので楽しみと発言して物議をかもしてたようですが、経済が傾くと普通の女性が体を売る仕事に入ってくるようです)

記事の中には切実な文章がのっていて、お金を稼ぐ方法をもし他に知っていたら違う選択ができただろうにと思うものがありました。

ギグエコノミー(インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方のこと)は世界的な流れです。そのサービスを知って、それに何でもいいから登録することさえできれば、そんな自尊心を揺るがすような仕事をしなくてもいいのではないかと思いました。

知識がないことが、貧しさをより悲惨なものにしているように思います。

スキルや知識、愛嬌、話術、なんでもお金に換金できる時代

多くの人は時間給をもらって生活しています。それ以外の働き方を知らない人もいます。

これが一番の問題です。

今日その日のパンを与えるよりも、パンの作り方を教えてあげた方がその人はずっと食べていける。

私は実際に会ったあの人達を可哀そうだとは思いません。彼らは彼らなりに生きています。

でも、ほんの少しの知識がもしあれば、違う生き方を選ぶこともできたはずだと、今は思います。

今は本当に何でも仕事になります。

日本最大のスキルマーケットのココナラを見て驚きました。

字をきれいに書くことがお金になったり、ただ愚痴を聞いてあげるだけでもお金をもらえるようです。しかもしっかり売れています。(確かに人の話をちゃんと聞くなんていうコミュ力が高そうな仕事、私にはそうそうできそうにありません)

特技・スキルを売るには?副業にできるおすすめサイ…|Udemy メディア
企業の副業が認められるなど、自分の特技やスキルを売る人が増えています。この記事では、特技やスキル、趣味を仕事に変えるためにできることやおすすめのサイト・アプリをご紹介。手軽にスキルを売るものから、ビジネス案件を扱うものまでさまざまです。ぜひ参考にしてください。

(スキルを売りたい方用。まとめサイト)

料理の作り方やコーディネートのアドバイスや筋トレの方法だって、その知識が欲しい人には貴重なものなのでお金になります。

もっと専門的な知識やスキルがあれば、それでまとまった稼ぎを得る事もできます。

絵や文章は学習コストが低いので、私のような内向的なタイプにはお勧めです。

外交的な人はその話術やコミュニケーション力を換金することもできるようです。

他にはメルカリやヤフオクで行われているような転売も簡単で即金性があります。

転売はアナログな世界で需給バランスが適正ではないものを見つけてきてネットでほしい人を募るやり方です。田舎や外国で安売りしている商品を仕入れてきてメルカリ等で転売して稼ぐ人もいるようです。需給バランスが崩れているものは探せば沢山あるようです。砂漠で水を売る発想です。

(ただ、転売するときは保存がきくものがいいと思います)→ メルカリ

時間や肉体を換金する以外の稼ぎ方が、ネットを使えば誰でも簡単にできるようになりました。

しかもネットの良いところは、その需要を世界中から探してくるので、どんなニッチなスキルや知識でも、それを欲している人をどこかから探してきてくれます。

村や町などの限られたエリアではなく、日本中・世界中からそれを求めている人を探すので仕事として成り立ちやすくなります。

スキルを持っていない人は滅多にいません。

つまりそれは潜在的にはお金に換金できるものなのです。

でもその知識がない。それが問題だと思います。

経済苦の学生やシングルマザーやファザーは時間がないので、空いた時間で効率良く稼ぐ必要があります。誰かに雇われるという選択肢の中で探すと条件が厳しすぎてなかなか仕事が見つかりません。でもネットなら隙間時間にやって、24時間以内に返答すればOKなので難易度も普通の仕事よりずっと低いはずです。

 

ココならやランサーズのような、ネットで自由に仕事をする場を提供する企業は、日本中にある貧しい学生やシングルマザー、ファザー、または高齢者等をバックアップするような支援団体に援助と広告をだせばお互いに助け合えるんじゃないかと思いました。

ギグエコノミーを提案するプラットフォーム企業はハローワークよりも仕事を見つけやすくしてくれます。行政の仕事を企業が奪えば、信頼を勝ち取った上に大きな売り上げも得る事ができます。

(行政がサービスを提供している=社会にとって必要不可欠&巨大な需要がある)

改めてゲームを完成させないといけないと思った

私は今ゲームを作っていますが、よく誤解されるのは私はゲームを作りたいから作るというものです。でも私はとてもめんどくさがりな性格なので自分のためには才能を使えません。

私は、減らない富を作って、それをハブにすることを思いついたのでゲームを作りはじめました。

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える人がいるなら

私はその釣り針の先の餌を作ろうと思っているのです。

餌まであれば、手間も減るしさすがに、よっぽど下手でなければ魚をつれます。

時間がお金になる、というのはみんな知っています。20歳の時の自分もこれは知っていました。

でも知識はもっと価値のある富を生みだします。しかも減りません。

だから必ず完成させなければいけません。

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Stores  で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ Spotify  Amazon music Applemusic  

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました