自分で人生を変えられると信じていない人達が反応する言葉

考え方

こんにちは、蒼生です。

この前ふと気づく事がありました。

私は日ごろから仕事の質には割と細かくて厳しい方だと思います。(でもこれは技術職でかつプロなら普通にみんなそうだと思うんだけどな。アマチュアは違うかもしれないけど)

とはいえ、私と2回以上仕事をした人ならわかると思うんですが、仕事の細部には厳しいけどそれ以外はそうでもないと思います。

才能に対して敬意を払ってるので、比較的丁寧で優しいんじゃないかと思います。

(そもそも才能を認めてない人とは2回以上仕事しないので、仮に仕事に厳しかったとしてもそれは才能への期待)

才能は割と先天的なものだと思います。特に芸術分野はその傾向を強く感じます。

だから才能は神の恩寵だと思いますし、その光が広く受け入れられればいいと、2回以上仕事をする相手に対しては平等に思っています。(尚、才能は常にあるものではなく、なくなったり曇ることがあります。だからまさに恩寵。その人を通して特別に与えられるもの)

でも能力は違います。それは単に努力の問題です。

でもそれを受け入れられない人が多いようです。

 

能力がない人間はいらない、という言葉をどう思いますか。

大別して経営側と労働者側で反応は違うと思いますが、その中でもネガティブな反応を示す人と、

そうでもない、普通だろ?という反応の二者に分かれると思います。

能力がない=仕事ができない=お金を払う価値がない➡(経営者)能力がない人間はいらない。

能力がある=仕事ができる=お金を払う価値がある➡(経営者)働きやすい環境を整える努力をする。

というのは経営者側や何か責任ある立場の人ならみんな普通に持ってる考え方だと思います。

ですが、そう思わない人もいるようです。

というのも

能力がない人間はいらない、というのはあまりにも核心すぎて

本当に能力がない人間に刺さりすぎてしまうらしいのです。

でも同じ言葉でも、刺さる人と私のように刺さらない人がいます。

その違いは

「自分の力で能力開発できる」と思っているかどうか。

そして行動できるかどうかです。

能力がないというのは、単に努力の問題なので、努力すればいいだけなのに

それが絶対できないと信じているか、

そんなことをしても自分は何も変われないと思っている人にとっては

能力がない人間はいらない=存在否定 に感じるようです。

いや、努力すればいいだけじゃん。って思う側は、その言葉に本当に何も感じません。

ただ、自分を向上させられるよう励むだけです。そして能力を次々と身につけていき、勝手にレベルアップしていきます。

おそらく、両者の基礎能力値(幼少時代とか)はそんなに大差なかったはずなんですが、

一方は努力を諦める思考習慣が身につき、一方は努力を手段として自分を向上させつづけたので

年齢を経れば経るほど大きな違いになっていくのだと思います。

でもこれは本当に感情的になるまでもない事実で、単に

自分の力でレベルアップさせられるかどうかの差です。

この言葉を聞いて絶望したり怒ってしまうような人は成長を諦めている人です。

自分で自分は変えられないと信じています。

そうでなければ、自分で自分を成長させられるような人です。

 

これは、成長マインドセット と言うらしいのですが、これを持っているかどうかをこの言葉で確かめる事が出来るのではないかとふと気づきました。

そのため、採用の時などに最初の段階でこの言葉を言って反応をうかがうのが良いのではないかと思いました。学歴や実績では読み取れない、思考態度を把握することができるからです。

 

これを持っていない人はおそらく外部(上司や規則)がいくら圧力をかけても何も変えられません。

変わることを諦めているからです。

 

ただ、自分の周りにそういう人間だらけだった場合、一気にリニューアルするのは難しいと思うので

その前段階の「仕事が出来ない人間はいらない」と少しやわらかい表現で言っておけば、

軽いプレッシャーをかけられると思います。

これでも耐えられない人はいるかもしれませんが、(それはもうどうしようもない)

中にはこの軽いプレッシャーを受けて

自分を変えられるように努力していく人が現れるかもしれません。

自分の人生は自分で変えられるし、能力は育てていける。という成功体験を、自分の選択から獲得することができれば、もうこの言葉に反応する側からは抜け出せます。

 

基本的に自信がない人と、自分の人生を変えられないと信じている人は

行動自体を恐れています。だから変わらないことを望んでしまいます。

それが諦め癖になって、自分で自分を変えられないという信念に変わっています。(悪循環です)

 

もっともそれは個人の問題で、

本人が望まないのにその機会を用意するのは難しいかもしれません。

でも、能力の有無は単に努力の問題なので、

一度変えられると気づけば、ずっと変えられます。

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。

▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Patreon で継続的に支援する

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル 開発状況等をUP

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ、ただひとプロット版を朗読したものは himalaya(音声コンテンツ)に登録中。

NOTE ブログの過去記事など 

タイトルとURLをコピーしました