好きなことで、生きていく YouTubeのメッセージに潜む戦略

日記

こんにちは、蒼生です。

今日はTwitterでもつぶやいてたんですがそれについての記事をかきます。

好きなことで、生きていく YouTubeのコピーのうまさ

好きなことで、生きていく。

これはそう、 YouTube の秀逸なコピーです。

このコピー、シンプルで上手いな、とは思ってたんですが、私は魅力的だとは思わなかったんですよね。それはたぶんYouTubeが刺そうとしていたターゲットから私が外れていたからなんだと思います。

だからこういう記事も書いてます。

好き嫌いで仕事を選ぶ必要はない。戦略的仕事の選び方
こんにちは、蒼生です。今は好きを仕事にしよう!というスローガンが強すぎて(たぶん最初はYOUTUBE、世界のGoogleだけあって刺さる言葉を分かってる!)本当は別に好き嫌いをはっきりさせて仕事を選ぶ必要はないし、好き嫌いで選ぶ...

 

でもこのコピーにとても魅力を感じて、人生を変えようとしている人に出会って、

ちゃんと刺さる人にとってはこのコピーはとても魅力的でパワフルなメッセージなんだとようやく気付きました。

このコピーが刺さるのはこのコピーの逆を生きている人達です。

そしてその数はたぶん決して少なくない。

サラリーマンなら毎日通勤して(リモートで変わったかも)、

場合によっては得意でも好きでもない仕事をして

ストレスフルな環境下でこれが仕事なんだと毎日自分に言い聞かせながら

上司や部下との問題に頭を抱えながら生きています。

こういう人達の中の現状を変えたいと思っている人達がこのコピーのターゲットです。

そしてそういう現状に不満があって変えたいと思っている人達をYouTubeに集めてコンテンツを作ってもらい、Win-Winな関係を構築する。

これがYouTubeの戦略で、

ヒカキンとかテレビに出ない人をイメージ写真として使ったのは

タレント性はYouTubeのせいでもはや完全に変わったという挑戦的なメッセージなんだと今ようやく言語化できました。

さすが世界の帝王Google。

人間心理の奥の奥まで読みぬいて仕掛けてくるなんて強すぎる…。

タレント性は YouTube のせいで完全に変わった

タレントは、少し前までは激烈なオーディションを勝ち抜いた

外見や話術やダンスや歌唱力などでずば抜けてすごい 

スーパーエリート

でしたが、YouTubeはそのタレント性を完全に覆して

特別じゃない方がいい。という価値観を作ってしまいました。

テレビ世代にとっては180度違う価値観です。

その中核がよく言われる共感です。

自分と近い(と思われる)存在に好意を抱く感覚です。

昔ならスターだった優れた人達が共感を集めにくくなっているのは、そのスター性ゆえに共感されにくいからなんじゃないかと思います。

ヘタウマという言葉は新しいものですが、この価値観自体が現代的だと思います。

昔ならそれは下手なだけで認められない価値観でした。

だけど今は一生懸命努力している人の方が支持を集めます。

その努力の過程を露出させるプラットフォームが増えたので、日ごろから努力してる人の方が今の時代にあった価値あるストーリーを提供できるようになったからだと思います。

コンテンツ消費ではなくストーリー消費が起きるからです。

そのため努力を共感を集める形でストーリーとして自己演出できる人は、支持を集めやすくなっています。

私は共感という言葉が身の毛がよだつほど嫌いなんですが

今はみんな共感を求めてるんですね。

自分は一人じゃないとか、自分だってがんばれば〇〇になれる、とかのポジティブな共感とか、逆に何かに腹をたてるとかのネガティブな共感もあるでしょう。

そういう個としての自分と、

それを拡大した理想像としてのタレント性

YouTubeは出してきて、沢山の新しいタレントを創造しています。

共感集め が戦術になった

SNS戦略でよく言われる「共感される」とか「キャラクターの固定」とかが何故必要なのかというと、すべての価値観が

自分と近いと思わせるため に変わったからです。

テレビが支配していた時のタレント性は

圧倒的な歌唱力とか、圧倒的な容貌や話術、などが価値で

人並の外見や歌唱力やその他の能力は何の価値にもなりませんでしたが

今はそちらの方が自分と近いと思ってもらえるので、共感を集めやすくなっているようです。

その自分と近いと思ってもらえるようにするためのキャラクター設定と

理解しやすくするためのキャラクターの固定です。

例えば私は興味や思考がコロコロ変わります。NG例だと思ってください。

私は音楽も絵もある程度好きで知ってますが、知らない事にいつも興味があるし、

たとえば科学も好きだし、最近はマーケティング勉強しはじめたし、

孫子の兵法の話を突然しはじめたり、お金の話はじめたり

一方でゲーム作ってたり、芸術や哲学について考えたりもします。

これが全部私にとっては生産的で一貫性のある自分なんですが、

SNSマーケティング的には完全に許されないキャラクター設定ですね。ww

 

SNS的にはもっと分かりやすくする必要があります。

だから、一つの専門性があるほうが理解されやすい、とか

理解されやすいキャラクターを作ろう、とSNSマーケティングでは色んな人が言っています。ツイッターもインスタもYouTubeも全部そうです。

単純で分かりやすいのが一番だそうです。

実際はそんなの死ぬほどつまらない人間だと思うんですが、

共感を戦術として考えて、SNSで共感を集めるためには、現状そうしたやり方が最適解なようです。

だから今の時代は共感集めを戦術として使える人は強い時代です。

個人のインスタグラマーとかユーチューバーとかは本当に上手いなと思います。

おそらく彼らは自然にそういうことができる人達なのだと思います。

今までの価値観ではもしかしたらスターになれなかったかもしれない人達が、YouTubeなどが起こした価値観の転倒によって強弱が逆転し、彼らにとって本当に良い時代が来たんだと思います。

でも一貫性なんていらない

上記の通り、共感を戦術として使うためには

逆に私のようにわかってるけどやりたくない。という人間には相当厳しいものがあります。

たぶんできない人には二種類いて、

単純にめんどくさい。➡ルーティーンを作って習慣に落とし込めばいい、簡単。

共感への嫌悪感。➡従来の乖離したやり方か、他の仕組みで解決する。

という方法があります。

私のようなタイプは決して少なくないはずなんですが

前述した通り色んな事に興味があって、思考が移ろうタイプなので、

他人の期待や共感は邪魔でしかないんです。

ゆたかさってなんだろう
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは、蒼生です。今日はNOTEのお題である #ゆたかさってなんだろう。 というテーマで書いていきます。生...

一見して一貫性のない人間が他人の共感にあわせるなんて、この記事の他人の服を着る状態です。一貫性のない人は毎日毎時違う服を着てますが、一貫性のあるキャラとは毎日制服を着ているような状態です。

二重スリット実験の観測されるとエネルギーは波の状態から粒になる、じゃないですが、こうあってほしいという観察が(共感や期待)エネルギーとして自分に向かうので本当に気持ち悪いんですよね。

こういう感覚ないですか? たぶん感性の強い人ならわかるはず。

絵についても芸術論の話にしても、

私が色々なことができるのは、日常的に色々なことに興味をもって思考しているからで、特定分野に特化したり、観測された途端に貧しい状態になるんですよ。

(むしろ絵の事や芸術についてなんてほとんど考えてない。ある状態においては興味もない。

相応のお金を払って要求してくるならもちろん仕事としてやるけど、そうでないならやめてほしいね)

 

そういう人間は世の中のメジャーなやり方とは違う戦術や仕組みを使ってうまくやる必要があります。その解の一つはたぶん昔からある超越です。

その他の方法はこれから考えて探していきます。

もしかしたら答えが見つかるかもしれません。

今はとりあえず従来のやり方を踏襲しつつ、他人の観測はすべて無視する方向で調整してみます。

▼RPGただひと特設ページ&体験版ダウンロード

▼メルマガ 最新の情報などをお伝えします。


▼支援▼ ご支援をお待ちしております!

PayPal  を通じて寄付する。Pringで投げ銭する。蒼生ID:NF3gb19u
Stores  で小説、イラスト、ゲーム等制作中のものを見たり遊んだりできます。

AMAZON欲しいものリスト 

Kindle Unlimited

Twitter 

●YOUTUBEチャンネル メイン★RPGただひとの開発状況等をUP

サブチャンネル Vlog的な感じ

小説・楽譜・ゲーム等は SOUSEI ONLINE SHOP から購入できます。

音声コンテンツ Spotify  Amazon music Applemusic  

NOTE ブログの過去記事など 

問い合わせ 

タイトルとURLをコピーしました